トライアル

トライアル
トライアルは他のモーターサイクル競技とは異なり、速さを競うのではなく、いかに足をつかずにオートバイで走り抜けるかを競う競技です。技の正確性や人間とマシンの信頼性を問うというスタイルが最大の特徴でしょう。
ヨーロッパ、特にスペインやイギリスで人気のクロスカントリーモータースポーツです。
トライアル競技は、専用のオートバイを駆り、コース途中に設けられた採点区間で、いかに減点されることなく走り抜けられるかを競います。早くゴールする必要はありませんが、決められた時間を越えてしまうと、所定の減点を課せられることになります。減点が最も少ない、つまりはミスの最も少ないライダーが優勝となるレースです。

この採点区間のことを「セクション」といいます。自然の地形を利用するものから人工的なものまで多くの種類があり、コースの右側に赤いマーク、左側に青いマークが置かれ、オートバイの前輪が複数の赤と青のマークの間を通らなければなりません。セクションのエリアを明確にするため、補助的にコーステープを敷設する場合もあります。

競技方法

与えられた持ち時間の間に、採点区間ごとの減点方式で進行します(通常は10〜15のセクションを2〜3回走行します)

セクション通過中に足を1回つくと1点減点、2回つくと2点減点、3回以上は3点減点といったふうになり、これ以外にも

・指定されたセクションのエリアを飛び出したり転倒した場合
・足をついた状態でエンジンを停止させた場合
・各セクション通過持ち時間以内に通過出来なかった場合
・セクション内で車両がバックした場合
・セクション通過を放棄した場合

は5点の減点となります。も5点減点となります。

こうした減点方式の中、減点なしで通過することを「クリーン」と呼び、全セクション終了時の減点合計のいちばん少ない者が勝者となります。